人気ブログランキング | 話題のタグを見る
とんぼ玉の思い出
とんぼ玉の思い出_c0073813_221501.jpg友人がガラスワークに使う道具一式を送ってくれました。

ガラス棒、工具、離型材、買うと3万近くもするコンプレッサーも。
不景気に加え材料代はどんどん上がって胃がキリキリするこのご時世。
このプレゼントは涙が出そうな程ありがたい。

彼女はというと、私がとんぼ玉を始めるきっかけになった人。
それまで私は特にガラスに興味があったわけでもなく、
とんぼ玉という存在すらも知りませんでした。
それが、彼女とたまたま仕事(?)で行った場所で
たまたま出会った刃物職人の山本さんという方が
ひょんな会話からとんぼ玉の作り方を教えて下さると言う事に。
そして、その不思議な出会いが縁で、私はとんぼ玉を作りはじめたのですが、
教えて下さった山本さん自身も趣味で作られていたので、何もかもみんなで試行錯誤。
一緒に作りはじめたその友人と共に、ハンズにガラス棒や離型材を買いに行ったり、
一緒にとんぼ玉Howtoビデオを観て研究したり。
最初は、小さな理科の実験用バーナーでススが入って何の模様だかわからないような玉を一生懸命作っていました。
そうこうしているうちにとんぼ玉師匠山本さんが、
「お祭りで売ってみようよ」と。
刃物のブースの端っこに小さなテーブルを置かせてもらい、
アクセサリーにしたとんぼ玉を売りはじめました。

本当に楽しい思い出の数々。
思い返してみれば、本当におもしろい縁です。
普通に生活をしていて、刃物の職人さんに出会うこともそんなに
ないだろうし、そこからとんぼ玉を作り始めると言うのも
なんだか不思議な展開。
(そもそも出会うきっかけとなったのもタイ舞踊のお仕事だったわけで)
本当に無理ヤリ作ったような話なので、よく、とんぼ玉をはじめられた
きっかけは?と聞かれると、何から話せばいいのか困ってしまいます。

でもこういう縁でつながったのも、この友人との出会いがなければ
起こらなかったかもしれません。
というのも、この友人。とにかくパワー溢れる人で、
あっという間に人と人とをつないでしまう。
そして、私にとんぼ玉を教えてくれた刃物職人山本さん。
この人もまた、人と人とをつなぐ名人。

こんな人達につないでもらって、今がある。

本当に感謝です。。
by tilka | 2008-11-15 22:20 | 日記


<< 紅葉in京都08 秋の旅・秘境温泉 >>